パソコン工場でのライン作業のバイト経験談

夏というのはアルバイトを探す側にしても、雇う側としても魅力的な季節です。
学生は夏休みになり長期の休みに入るので1日8時間、週6日を1?2ヶ月間集中して働く事ができます。企業側としても夏季休暇がある職種は、いつもよりも8月は社員が休み日が多いためその日にちだけでもアルバイトを雇いたいと思います。僕が学生時代毎年やっていた夏のアルバイトは東京バイトや他の求人で探したパソコン工場のライン作業です。

 

丁度夏モデルの出荷や秋冬モデルのテストなどをおこなっていて一年の中でも一番忙しい時期だそうだ。仕事内容はとても簡単。パソコンの部品を組み立る。たとえばスピーカーの部分にゴムをつけるなど。誰にでもできます。ソフトのインストール作業も数十台を並べてキーを押していくだけ、作業が終わったパソコンを倉庫に運ぶ。失敗も殆どありません。

 

工場なのでもちろん夜勤もありますが、通常時給900前後の所が夜勤になると1,200円くらいになります。しかも1時間置きに10分間休憩していたので身体的にも大変楽だったのを覚えています。工場内はエアコンも効いているので快適です。一つ問題があるとすれば更衣室がサウナのように暑かった事でしょうか。でも1ヶ月で25万前後は稼げたので学生としては十分なお小遣いでした。近くに大手の工場がある方は、まずは短期の工場バイトをおすすめします。職場の方も派遣が一番多いので若い方や人生経験が豊富な方も多いので話をしていて楽しいですよ。

 

⇒ パソコン工場のアルバイト情報を見る

 

⇒ アルバイト最新ランキング情報をみる