応募したアルバイトの面接に受かる方法

 

アルバイトに受かる方法とは?

 

 

アルバイトに受かるまでには2つのポイントがあります。
一つ目は、バイトに応募した時の面接前ですね。
二つ目は、面接してもらった後の結果ですね。

 

バイトに応募した時に面接まで辿り着かない方も結構います。その理由は、電話の応対であったり人と話す態度になっていないということから面接する時間がもったいないと思われてしまうことが大きな要因となっています。

 

 

面接官の立場で考えるとわかりやすいと思いますが、どんな人なら面接したいか?
どんな話し方の方なら面接をしようと思うのか?など、考えてみると自分はどんな
対応で応募すればよいかがみえてきますね。

 

アルバイトに受かる人というのは、この辺りがわかっているのでアルバイト採用される
確率がとても高くなります。また高時給バイトではアルバイト採用されにくい業種もあるのに
意外とあっさり合格するのですね。

 

そして、二つ目の面接をしてもらえる約束を取った。当日、面接をしてもらったが
後日、採用の連絡が来なかった。又は採用を見送られた。といった場合ですね。

 

面接後にアルバイトに受からないのは面接時の対応がほとんどです。

 

まず、約束の時間5~10分前までに面接会場に着いているか。
遅刻することは一番してはいけません。

 

面接してもらう立場でありながら相手を待たすことになるので
時間は1秒でも遅れないように早めに家をでましょう。

 

もし遅刻してしまった場合、言い訳せず素直に謝りましょう。
言い訳はもご法度です。
言い訳する人は、採用率が低くなるので気をつけましょう。

 

万が一、電車が途中で止まってしまったなどのトラブルが起きた時は
すぐに面接を受ける面接官に電話し、そのことを伝えることです。

 

 

そして、面接ですがハキハキと笑顔で元気なイメージで面接を受けたかどうか、
相手に与えるイメージってとても大切ですね。

 

そして、質問された内容に対してキチンと敬語で回答したか?
また、面接を受けたお店などで働きたいという理由や想いを伝えたか。など
どこでも良いというイメージを与えてしまうと、面接官もがっくりします。

 

ウチじゃなくてもいいでしょ。と感じられたとしたら採用される可能性も低いでしょう。
どうしてもそのお店で働きたい!ここがいいんです!ということが伝えられたとしたら
面接での失敗もあまり重要ではありません。

 

応募したアルバイトの面接に受かるにはこれらのポイントをしっかりと抑えて
面接を受けましょう。

 

人気があるバイトは応募者も多いので、この辺りがキチンとでできているかが重要ですね。

 

 

当サイトでアルバイトの申し込みが多いサイト順